村上春樹

1/6ページ

『木野』 村上 春樹

『木野』(きの)は、この短編の主人公の苗字で経営するバーの店名。陰りのある鬱な話だが、しっとりと潤いがあり、秋の読書に最適な一篇かと思う。長編小説のよ […]

『氷男』 村上春樹

変化を拒絶する人間は、氷のように冷たい人生を送ることになる。 異論はあるかもしれないが、これが『氷男』を読んでの私の感想だ。 あなたの周りにもいるでし […]

「蟹」 村上春樹

大手銀行に勤める28歳の男性と中学校で英語を教える26歳の女性が、休暇を取ってシンガポールの海辺の町を旅行する。女性のレストラン選びの直感力を信じ、地 […]

1 6