村上春樹

1/6ページ

『ドライブ・マイ・カー』 村上春樹

映画化するほどの短編ではないかな、というのが正直な感想。いきなり辛辣になってしまったが、そう思ったのだから仕方ない。充分に面白いし、一気に読ませる魅力はあるけど、映画化するほどではないかな。(くどいね […]

「UFOが釧路に降りる」 村上春樹

1999年初出で、翌年に発行された連作短編集「神の子どもたちはみな踊る」に収められた作品。著者によると、地震(1995年に阪神・淡路大震災が発生している)がもたらしたものを象徴的なかたちで描こうとした […]

「飛行機」 村上春樹

正式な題名は「飛行機 ーあるいは彼はいかにして詩を読むようにひとりごとを言ったか」。初出は1987年のビジュアル雑誌「NADIR」(ナディール)秋号で、その年の日本ではファミコンが売れまくり、エイズ・ […]

「蟹」 村上春樹

大手銀行に勤める28歳の男性と中学校で英語を教える26歳の女性が、休暇を取ってシンガポールの海辺の町を旅行する。女性のレストラン選びの直感力を信じ、地元の蟹料理専門の食堂へ入る。安くて美味しいことから […]

「カンガルー通信」 村上春樹

「カンガルー通信」は1981年の「新潮」に発表された短編で、村上春樹の処女短編小説集「中国行きのスロウボート」に収録されている。アメリカで最初に訳された著者の短編でもあるらしい。 ちなみに81年は、レ […]

海外でのHARUKIのイメージ?

「海外の読者は村上春樹をどう見ているのか」?とか「アメリカでの人気の理由は?」とか「ドイツではどう読まれているのか?」とか「中国人はなぜ春樹に熱狂するのか?」といった見出しをたまに見かけるが、国ごとに […]

1 6