横山秀夫

「赤い手帳」 横山秀夫

今回はガチの日本人作家である横山秀夫の「赤い手帳」を取り上げる。何が「海外 短編小説 解題」だよと言われそうだが、いろいろな文体を食したくなる気持ちをどうかご理解いただきたい。サリンジャーの後に横山秀 […]

「陰の季節」 横山秀夫

このブログで取り上げてきた他の作品とは毛色が異なるが、今回は警察小説で知られる横山秀夫について書きたい。ミランダ・ジュライ、村上春樹の後に横山秀夫というのは、守備範囲が広いと我ながら思ったりする。 今 […]