ヘミングウェイ 名言(原文に忠実に再翻訳しました)

安岡章太郎

「悪い仲間」 安岡章太郎

「悪い仲間」は昭和28年の芥川賞受賞作。 大学部予科に進学して初めての夏に、主人公の「僕」はいわゆる不良である藤井高麗彦に出会う。そして強い憧れの念を抱き、模倣に溺れていく。友だちの倉田もその憧れの渦 […]

「陰気な愉しみ」 安岡章太郎

戦時中の負傷から重病に罹り、その後遺症によって国から手当てをもらって生きる若者。その複雑な心理を描いた短編だ。特に起承転結があるわけでなく、リアリティあふれる情けなさが全体を覆っている。病気が体から逃 […]

「質屋の女房」 安岡章太郎

いい感じに脱力感があって、全体的に心地好さを覚える。半世紀以上前の作品であるのだが、どこか鮮度を感じる。 ただ、青春の漠とした憂鬱さと暗い戦争の影がそこにあり、抗う意志を持たない主人公の虚無感がとても […]