吉田修一

『熱帯魚』 吉田修一

吉田修一氏の小説を初めて手にした。(自慢じゃないが日本人作家について驚くほど無知) 特に予備知識があったわけではないが、もっとシリアスで硬質な作風という先入観を抱いていた。なぜそう思ったは自分でもよく […]