ヘミングウェイ 名言(原文に忠実に再翻訳しました)

Impressions of Short Stories

「悪い仲間」 安岡章太郎

「悪い仲間」は昭和28年の芥川賞受賞作。 大学部予科に進学して初めての夏に、主人公の「僕」はいわゆる不良である藤井高麗彦に出会う。そして強い憧れの念を抱き、模倣に溺れていく。友だちの倉田もその憧れの渦 […]

海外でのHARUKIのイメージ?

「海外の読者は村上春樹をどう見ているのか」?とか「アメリカでの人気の理由は?」とか「ドイツではどう読まれているのか?」とか「中国人はなぜ春樹に熱狂するのか?」といった見出しをたまに見かけるが、国ごとに […]

もし、あの時…

最近、行動する人と行動しない人、先へ進む人とそこに止まる人の差異について考えている。 人間の『脳』は基本的に変化を恐れる。何かを変えようとしたり、新しいことを始めようとすると、危険を回避するため猛反対 […]

1 37