「無頭の鷹」 トルーマン・カポーティ

暗いよぉ。。。怖いよぉ。。。 いかにもカポーティという感じで、完全に内側に向かって閉じている。闇との親和性が高く(闇と仲良し)、孤独な静寂が作品全体を覆っている。文章は艶やかでとても美しい。 あらすじ … 続きを読む 「無頭の鷹」 トルーマン・カポーティ