「夜の樹」 トルーマン・カポーティ

当たり前のことかもしれないが、作家と読者の間には相性というものがある。小説のジャンル云々とか、書かれた時代がいつだとか、どこの国の作家だといったこと以 … 続きを読む 「夜の樹」 トルーマン・カポーティ