ヘミングウェイ 名言(原文に忠実に再翻訳しました)

チェスって、スカしてる?

チェスって、スカしてる?

またチェスの話か、と思われるかもしれないが、グーグルアナリティクスをチェックしたところ、チェス関連の記事がよく読まれていた。小説の感想より読まれていたりする。。。とりあえず需要があるようなので時々書こうと思っている。(チェスのことを書くのは楽しいし)

この数日、仕事が少し落ち着いてきたので、ちょっとした空き時間にLichess(リチェス)でオンライン対局をしている。レート(棋力)は先週末に1700を超えたが、また1700を切ってしまった。そんな数値を言われてもピンとこないだろうが、平均よりは少し上というレベル。まだ中級の域を脱してはいないかな。

前にも書いたが、勝つときは割と連勝し、負けるときは割と連敗する。

なぜだろう?

要因を考えてみたのだが、おそらく体調が関係している。(脳の調子を含めて)

コンディションが良いときは注意力が自然と高まり、状況判断も正確になり、凡ミスが減る。逆にコンディションが悪いときは、自分で思っている以上に頭が働かない。気合でどうにかしようと盤面を睨みつけても結果はついてこない。

質の良い睡眠をとり、瑞々しい気持ちで対局することで勝率は上がっていく。自動車の運転にも言えるが、疲れているときは注意が散漫になり見落としも多くなる。自分の脳を過信してはいけない。休息や栄養がパフォーマンスを左右する。チェスをしているとそのことを実感できる。

ところで皆さんはチェスにどのようなイメージを持っているだろうか?

オシャレとか知的とかインターナショナルとかプラスのイメージもあるとは思うが、気取った趣味と見る人も少なくないだろう。

「ちぇす?すかしやがって、日本人なら将棋だろ!」

ちょっとムカっとはするが、その気持ちもわからなくはない。

実際のチェスというゲームは盤上の戦争で、そこにコージーさはほとんどない。(洒落たゲームだなと感じたことはほとんどない)

私はチェス倶楽部へ行ったこともあるが、明るくおしゃべりな大学生、ジム・ジャームシュを好きそうな中年男性(小学生の息子と一緒だった)、外国暮らしが長かった雰囲気の初老の女性、身なりの清潔な年配男性、そういう面々が集っており、インテリっぽいスカした人は一人もいなかった。野蛮な人や声の大きな人もいなかったので、品が良いと言えば品が良いとは思う。

私は天邪鬼で反骨心旺盛なタイプなので、日本で全然人気がなくて、イメージ的にも誤解されていることをむしろ嬉しく思っていたりする。(どういう性格?)

このブログを読んでくださっている方にこっそり教えますが、チェスは面白いので始めた方がいいですよ。続けるほどに魅力が増す特権的な遊びなので、早く始めた方がいいですよ。

年齢も性別も国籍もまったく問わないし、ルールは一日あれば覚えられる。スマホひとつで、世界中の人と対局できる。しかも無料で。はじめはまったく勝てなくても、そんなことはまったく気にする必要なし。はじめは100連敗でいいと思う。

プロ講師のYoutubeチャンネルでルールを覚え、皆さんも2021年にチェスデビューしてみてはいかがだろう。

・初心者専門のチェス講師上原慎平
https://www.youtube.com/channel/UCiO5k8fBN–YBAxGxSgWOnQ/videos

今、このチェス教本を読んでいる。Wordで作ったようなアナログ感が逆にいい味出しているでしょ。

****************

おすすめのヘミングウェイ短編をまとめました。どの作品から読めば良いのか迷っている方やヘミングウェイの魅力がよくわからない方、ぜひ参考にしていただければと思います。

ヘミングウェイ おすすめ短編 初級編

ヘミングウェイ おすすめ短編 中上級編