ヘミングウェイ おすすめ 短編(入門編)

ヘミングウェイ おすすめ 短編(入門編)

アーネスト・ヘミングウェイの短編をまだ読んだことがないという方、あまりよく知らないという方、読んだことはあるが魅力がわからないという方に、私の独断と偏見によるおすすめ5短編をご紹介します。

通勤電車の中、カフェや就寝前などに、軽く手に取ってすぐに読み終えることのできる短くてチャーミングな作品をセレクトしています。その清澄で雑味がなく、リアリティと思慮深さを併せ持ったヘミングウェイ・ワールドにぜひ触れてみてください。

 

「雨の中の猫」

男女間の理想と現実を扱ったアンニュイな雰囲気の名作。

この作品の解説を読む

 

「清潔で、とても明るいところ」

深夜のスペインのカフェを舞台に虚無を描く。

この作品の解説を読む

 

「十人のインディアン」

6歳の少年の、胸が張り裂けるような思い。読後に深い余韻が残る。

この作品の解説を読む

 

「蝶々と戦車」

1937年のマドリードを覆う混沌と喧騒、これぞヘミングウェイの最高傑作。

この作品の解説を読む

 

「白い象のような山並み」

美しい自然と意味深な男女の会話が、読者の想像力を喚起する。

この作品の解説を読む

 

 

********************

ヘミングウェイの名言を原文に忠実に訳してみました。

説得力のある言葉の力で悩みを解消できるかもしません。

もしかしたら座右の銘が見つかるかもしれません。

お時間があれば是非こちらもご覧ください。

ヘミングウェイ 名言 その1

ヘミングウェイ 名言 その2

********************