「クロス・カントリー・スノウ」 アーネスト・ヘミングウェイ

「クロス・カントリー・スノウ」 アーネスト・ヘミングウェイ

キャリアの初期に書かれた著者の自伝的短編で、ニック・アダムズ物語のひとつだ。スイスのスキー場で、友人ジョージと過ごす至福の時が描かれている。なんでもないスケッチという感じだが、妻が妊娠したことで「最高の幸せであるヨーロッパでのスキー」をもう楽しめなくなるかもという憂鬱さが漂っている。

家庭におさまることや子供が産まれることへの拒絶反応は、いくつものヘミングウェイの短編の主題になっているが、ここでもそうした本音が伺える。隠そうとしていない点は潔いが、やはりこの作家の冷酷でエゴイスティックな面は、賛同を得にくいであろう。読んでいて気持ちが良いものでもない。スイスの雪山の景観とのコントラストは印象的ではあるのだが。

それと、ニック(ヘミングウェイ自身を投影した主人公)のキャラだが、どうしてもそこには美化を感じてしまう。物事がよく見えていて、判断力に長けていて、幅広い知識を備えていて、良質なものを知っている。ニックは有能な男で、周りの誰もからリスペクトされている。ストレートにそう書いているわけではないが、端々にヘミングウェイのプライドの高さが透けて見えるのだ。この点については「海流の中の島々」で批判しまくっているので、そちらで読んでいただければと思う。

文体は端正で心地好いだけに惜しいよねぇ、そう嘆きたくなる作品がヘミングウェイには多い。多過ぎる。「僕の父」とか「清潔で、とても明るいところ」みたいに、著者自身が前面に出ない作品の方が基本的に良いかもしれない。

「クロス・カントリー・スノウ」 は個人的にはちょっと残念な作品で、読後感も今ひとつかな。まったく異なる感想を持つ人も多いと思うので、興味のある方は読んでみて判断してください。

****************

おすすめのヘミングウェイ短編をまとめました。どの作品から読めば良いのか迷っている方やヘミングウェイの魅力がよくわからない方、ぜひ参考にしていただければと思います。

ヘミングウェイ おすすめ短編 初級編

ヘミングウェイ おすすめ短編 中上級編