将棋とチェス、どちらが難しい?

将棋とチェス、どちらが難しい?

「将棋の方がマスが多く、獲った駒を使えるだけに複雑で奥が深い」といった声を時々耳にする。

確かに数学的にはそうかもしれない。将棋もチェスも初心者の域を出ない私の個人的な意見ではあるが、体感としては少し違う印象を抱いている。

次の手の選択肢は将棋の方が多いのだが、なんというかチェスの方が戦場が広い。別の言い方をするなら、チェスの方が一つ一つの駒の動きが激しいのだ。飛車や角だらけの戦場という感じで、遠い場所から「まさか!」というような強烈な一撃が飛んでくる。序盤に致命傷を食らって、あっという間に投了ということも珍しくない。(私が下手というのもあるが)

将棋の場合、じっくり駒組みをしながら相手の出方を伺うといった落ち着きがある。チェスは、いきなり殺伐とした戦場の真っ只中に置かれる感じだ。フォートナイトで、いきなりスナイパー銃でヘッショされる感じと言えばイメージしやすいだろうか。(いや、返ってイメージしにくいか)

将棋は、覚えるべき陣形や戦術がかなり多いため(しかも流行がある)、予習復習に費やす時間が膨大になる。そういう意味では、地道な暗記を求められる難しさはある。もちろんチェスにも知識は不可欠だが、実際の対局ではすぐに定跡から外れてバトルが始まるイメージが強い。

どっちが難しいか?という問いに対して、チェスの方が怖い!という解を持ってくる。この論理性の欠如。これが棋力の低さの原因なのかもしれないなぁ。。。

ということで、今回もグダグダの雑記でした。