ヘミングウェイおすすめ 短編(入門編)はこちらから

筒井康隆

「夢の検閲官」 筒井康隆

私は筒井康隆の熱心な読者ではなく、かと言ってアンチでもない。奇想天外さとか実験性とかそういうものにあまり惹かれないため、これまで積極的に手に取ることはなかった。 「夢の検閲官・魚籃観音記」という短編集 […]