池澤夏樹

「砂浜に坐り込んだ船」 池澤夏樹

  • 2019.11.25

すでに他界している友人が語りかけてきて、生前に聞くことのできなかった深い話をするという静かな一遍。死者との交流を描いた短編集の表題作である。 怖い幽霊ものではなく、気味の悪さもまったくない。カポーティ […]