ヘミングウェイ 名言(原文に忠実に再翻訳しました)

山本周五郎

「一人ならじ」 山本周五郎

「いい短編だねぇ」と呟きたくなる凛と背骨の通った名篇だ。私のブログを読んでくださっている方の多くは、山本周五郎という作家にまるで関心がないかと思う。決めつけは良くないが、ヘミングウェイやサリンジャーと […]

「しぐれ傘」 山本周五郎

「人情武士道」という短編集に収められた、著者の職人ものの先駆け的な作品である。市井の人を描いた所謂世話物で、この作品に限ったことではないが小ざっぱりした名調子がなんとも心地好い。(何だか文章がわかりに […]

「ならぬ堪忍」 山本 周五郎

無性に山本周五郎の文体に触れたくなる時がある。さっぱりと清潔感があり、キメ細かく精密であり、淀みがなくて読みやすい。コーヒーに飽きた頃に緑茶が飲みたくなるように、健康ランドに飽きた頃に旅館の檜風呂に浸 […]