大江健三郎

「芽むしり仔撃ち」 大江健三郎

  • 2018.12.19

夜更けに仲間の少年の二人が脱走したので、夜明けになっても僕らは出発しなかった。 これは、「芽むしり仔撃ち」の冒頭の一文である。一つの文章の中に「主語+述語」が複数含まれている重文というタイプの文章だ。 […]